宅建士試験前日の過ごし方

宅建士試験前日の過ごし方

いよいよ明日は宅建士試験当日ともなれば、いやがおうにも緊張は高まります。

宅建士試験の受験は高校受験の時以来の試験という方もいるかもしれません。

試験当日に最大限の力を出すことができるように、前日の準備はしっかり行いましょう。

夜はなかなか寝つけないことを前提に行動する

朝は早めに起きて、夜良く眠れるように起床したら日光を浴びておくのが理想的です。

試験当日には9時前後には起床できるように就寝時間を調整したいところです。

過去問などの最終確認を終えたら、良く眠れるようにジョギングなどの軽い運動をしておくこともおすすめです。

試験前日に質の良い睡眠を取ることは当日のパフォーマンスに大きく影響するからです。

試験前日の緊張でいつも通りに寝つけない可能性も高いので、「しっかり寝るための準備」も重要です。

持ち物の確認は前日のうちに

宅建士試験に必要な持ち物は当日慌てることのないように、前日のうちにしっかりと準備確認してカバンに入れ、当日はそのまま持って行くだけで良い状態にしておきましょう。

宅建士試験に必要な持ち物は以下の通りです。

  • 鉛筆(HBかB)・鉛筆削り

シャープペンではなく必ず鉛筆を数本持参しましょう。理由はマークシートを塗りつぶす際のスピードが鉛筆の方が圧倒的に早いからです。

スムーズにマークができれば、それだけ解答を考える時間や見直しの時間を多く取ることができます。

マークシートの筆記試験における鉛筆は戦いの武器のようなものです。しっかりと気を配って良いものを使いましょう。

  • 消しゴム

消しゴムはできれば新しいものものを2つ用意しましょう。試験中に落としてしまってときのためです。

なお、鉛筆・消しゴムともにマークシート専用のものなども販売されています。
ちょっとした投資ですから是非購入を検討してみてください。

  • 腕時計

原則として受験会場には時計はありませんので、残り時間の確認のために腕時計も必須です。
管理人は電池切れが怖くて筆記試験の時には腕時計も2つ持っていくようにしています。

  • 受験票

当たり前ですが、最重要アイテムです。これだけは絶対にお忘れなく。

天気予報もしっかりチェック

試験会場まで公共交通機関を利用するのであれば、翌日の天気予報も必ず確認しておきましょう。

交通機関が乱れる可能性があれば、代替の交通手段などもシュミレーションしておく必要があるでしょう。

宅建士試験は年に一回しかない試験です。

前日の準備から戦いは始まっていると考えて、念には念を入れて抜かりなく試験当日最高の力が出せるような過ごし方をしたいものです。