【宅建士試験再チャレンジの方向け】おすすめの通信講座ランキング

【宅建士試験再チャレンジの方向け】おすすめの通信講座ランキング

再チャレンジの方におすすめできる宅建士通信講座とは?

宅建士試験の受験経験者であれば、再チャレンジするにあたり、まずやらなくてはいけないことは、以前の試験結果の分析です。

足りない点をどの科目で補っていくのかによって、次年度の学習戦略は異なってきます。

学習戦略以前のモチベーションなどの問題だった場合には学習環境そのものの見直しも必要でしょう。

あるいは、勉強以外の、試験の時間配分や体調管理の失敗かもしれません。

このように、人それぞれ違った課題がある受験経験者に向きの通信講座は、コース設定にバリエーションがあったりオプションの単科講座がある講座です。

そのような点をふまえ、ここでは再チャレンジの方におすすめの宅建士通信講座をご紹介します。

【宅建士試験再チャレンジの方向け】おすすめの通信講座

1位 クレアール

クレアールの宅建士通信講座

→クレアールの宅建士通信講座公式サイト


クレアールは知る人ぞ知る、通信講座業界の名門です。

大手の資格スクールに比べれば知名度こそ劣りますが、講師の質の高さや独自の短期合格戦略カリキュラムで名を轟かせている通信講座です。

低価格のワンコースで勝負する通信講座とは違い、さまざまなコースを選択できるのも魅力です。

また、価格も大手資格スクールに比べるとかなりお手頃で、時期によってさまざまな割引キャンペーンも行っていますので、公式サイトでチェックして下さい!

→詳しくはこちら

クレアール宅建士通信講座概要

テキスト
市販テキスト(2色刷り)
動画講義
通信講座専用の録画講義(WEB・DVD)
標準学習期間
4カ月~
単科講座の有無
あり
その他 
質問サポートメール(無制限)

→公式サイト

2位 TAC

TACの宅建士通信講座

→TACの宅建士講座公式サイト

資格業界では誰もが知る大手スクール がTACです。

TACのウリはやはり、大手ならではの安心感と安定感でしょう。

試験対策の充実度や、教材の質の高さはまさに万全の構えです。

ちなみに、TACに資料請求すると送られてくる資料の中には、講座の案内だけでなく、試験合格後に宅建士として登録するまでの方法や、不動産業界の今後の人材ニーズなど、読んで役に立つコンテンツが沢山ありますので、資料請求だけでもしておく価値はあります。

ただ、やはりその分お値段ははりますから、キャンペーンや雇用保険の教育訓練給付などをうまく利用して、なるべくリーズナブルに受講する工夫をしたいところです。

→詳しくはこちら

TAC宅建士通信講座概要

テキスト
オリジナルテキスト(白黒)
動画講義
通信講座専用の録画講義(WEB・DVD)
標準学習期間
2カ月~
単科講座の有無
あり
その他 
質問サポートメール(※回数無制限)
自習室の利用可

→公式サイト

3位 資格の大原

資格の大原の宅建士通信講座

→資格の大原の宅建士通信講座公式サイト

簿記で有名な資格スクールの老舗「資格の大原」です。

TAC同様に講師やカリキュラムにスキはありません。

また、老舗らしく多くの駅前に校舎を持つスクールでもありますので、通信講座とはいえ自習室などが使いたい、もしくは分からない点があったら直接質問してみたいなどという方にはおすすめできる通信講座です。

3大資格大手のTAC・LEC・大原の中でも、特に教室聴講や自習室・教室開放などの制度が整っている、通学講座よりの通信講座と言えます。

なお、宅地建物取引業に従事されているかたには、「宅建業従業者割引制度」がありますので、不動産業界に入って業務む必要性から宅建取得を目指す方は必ずチェックしきおきましょう。

→詳しくはこちら

資格の大原宅建士通信講座概要

テキスト
オリジナルテキスト(2色刷り)
動画講義
教室講義の録画講義(WEB・DVD)
標準学習期間
2カ月~
単科講座の有無
あり
その他 
質問サポートメール(※10回まで)
自習室の利用可

→公式サイト