宅建士試験の合格率と難易度はどれくらい?

宅建士試験は法律系の国家資格の中では、入門的な存在で比較的難易度は低いと考えられています。

毎年17万~20万人が受験し、合格者は3万人程度で、合格率は15%~17%台となっています。

宅建の難易度はどれくらい?

法律系国家資格の中では合格率は高め

合格率だけで試験の難易度は比較できませんが、ほとんどの法律系国家資格の合格率が一桁台であるのと比べれば合格率は高いといえるでしょう。

また、宅建士試験特有の特徴として、不動産業界で働く方が不動産業界で働くのに必要な知識を身につけるためや、業務上の必要性から入社してから日の浅いうちに受験する(もしくは受験させられる)方もかなり多いため、受験者の中にはほとんど勉強できないまま試験当日を迎える方も少なからずいます。

よって、きちんと勉強した上で試験を受けた方の合格率はさらに高くなります。

宅建士試験の直近10年の合格率の推移

ちなみに、過去10年の合格率は以下の通りです。

※宅建士試験は50点満点です。

年度申込者数受験者数合格者数合格率合格点
平成22年228,214人186,542人28,311人15.2%36点
平成23年231,596人188,572人30,391人16.1%36点
平成24年236,350人 191,169人32,000人16.7%33点
平成25年234,586人186,304人 28,470人15.3%33点
平成26年238,343人192,029人33,670人17.5%32点
平成27年243,199 人194,926 人30,028 人15.4%31点
平成28年245,742 人198,463 人30,589 人15.4% 35点
平成29年258,511人209,354人32,644人15.6%35点
平成30年265,444人213,999人33,360人15.6%37点
令和元年276,019人220,797人37,481人17.0%35点

宅建士試験の平均的な勉強時間は?

他の資格との比較では、ファイナンシャルプランナー2級や簿記2級より若干上の難易度といわれていますので、これらの資格を持っている方は目安になるかもしれません。

もちろん全く勉強の内容は異なりますので、あくまでも目安程度です。

平均的な学習時間は200~300時間くらいです。

宅建の試験科目の中では特に「民法」が法律初心者にとっては難関なので、法学部出身などで多少なりとも法律用語や法学特有の考え方などに馴染んでいればもっと短い時間でも大丈夫かれしれません。